ふるさと納税で地域のグルメを食すことができます

  1. ホーム
  2. ワンストップ制度

ワンストップ制度

田舎

ふるさと納税には様々な特徴があり、近年注目を浴びているのです。ふるさと納税が注目を浴びているのは自分の好きな地域を指定することができ、寄付することでお礼の品がもらえるからなのです。好きな地域というのは、生まれた故郷だけでなく、全国どの自治体にも寄付することができるのです。また、寄付することで税金が控除されます。お礼の品は地域の特産物や特典などあり、自分の好きなものを選ぶことができるのです。税金が控除され、そしてお礼の品がもらえるのはとてもお得なのです。地域の特産物は普段口にすることができないものなど地域よって様々なものがあるのです。最近では、ふるさと納税にも様々な制度ができています。それは、ワンストップ制度になります。これは確定申告の不要な給与所得者は、1年間の寄付先が5自治体までふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄付金控除を受けることができるという制度になります。この制度を活用することで、控除額のすべてが翌年の住民税から控除される仕組みとなっているのです。このワンストップ制度の場合は、自治体に紙の申請書での申請が必要になります。申し込みの際には都度郵送する必要があるのです。寄付した自治体に寄付金控除の係る申告特例申告書と自分の身分を証明する書類を郵送する必要があるのです。またそのワンストップ制度は、様々な条件が多いのでしっかり確認して申し込みを行っていきましょう。何かわからなければ、実際に自治体に連絡して確認をとってみましょう。